高峰秀子と十二人の男たち

書誌事項

高峰秀子と十二人の男たち

高峰秀子著

河出書房新社, 2017.6

タイトル読み

タカミネ ヒデコ ト ジュウニニン ノ オトコ タチ

大学図書館所蔵 件 / 8

内容説明・目次

内容説明

谷崎潤一郎、三島由紀夫、成瀬巳喜男、森繁久彌…。作家、学者、映画監督、俳優など、各界を代表する男性12人と、高峰秀子が24歳から80歳まで、臆せず背伸びせず語り合った本音の対談集。その言葉から見えてくる歴史と真実がここに。全て単行本未収録。

目次

  • 「細雪」の世界—谷崎潤一郎(作家)・阿部豊(映画監督)
  • 巴里よいとこ—渡辺一夫(フランス文学者)
  • 彼女は俺嫌いらしいよ—三島由紀夫(作家)
  • 「浮雲」について—成瀬巳喜男(映画監督)
  • そんな、ほんとうのこというと評判落すよ。—近藤日出造(漫画家)
  • アメリカの家庭を見て、何か収穫を得たいと思っています。—松山善三(脚本家・映画監督)
  • あなたは若いときから何か悲しいひとでしたよ。—林房雄(作家)
  • 「恍惚の人」に考える“老い”—森繁久彌(俳優)
  • オナラの話—興津要(近世文学研究家)
  • 小さい時から自立なさってたという感じですね。—水野晴郎(映画評論家・映画監督)
  • 高峰秀子の映画渡世—長部日出雄(作家)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB24216912
  • ISBN
    • 9784309025728
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    209p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ