スキャグボーイズ : トレインスポッティング0

書誌事項

スキャグボーイズ : トレインスポッティング0

アーヴィン・ウェルシュ著 ; 池田真紀子訳

早川書房, 2016.10

タイトル別名

スキャグボーイズ : トレインスポッティング0

Skagboys

トレインスポッティング0スキャグボーイズ

タイトル読み

スキャグ ボーイズ : トレインスポッティング 0

大学図書館所蔵 件 / 2

注記

「トレインスポッティング」(1996年刊) の前日譚

内容説明・目次

内容説明

マーク・レントンは青春を謳歌していた。大学の勉強に励み、書物に囲まれた穏やかな環境で毎日を過ごしている。きれいで知的な恋人がいて、地元に帰れば気心の知れた仲間もいる。しかし、1984年のイギリス社会に彼の居場所はなかった。いつにスキャグ(ヘロインの俗語)に手を伸ばす。『トレインスポッティング』よりもっと危ないプロローグ。

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB24352808
  • ISBN
    • 9784152096432
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    771p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
ページトップへ