勿体なや祖師は紙衣の九十年 : 大谷句仏

書誌事項

勿体なや祖師は紙衣の九十年 : 大谷句仏

山折哲雄著

(中公叢書)

中央公論新社, 2017.9

タイトル読み

モッタイナヤ ソシ ワ カミコ ノ キュウジュウネン : オオタニ クブツ

大学図書館所蔵 件 / 23

注記

大谷句仏略年譜: p218-220

内容説明・目次

内容説明

大谷光演(一八七五〜一九四三)は二つの顔をもつ人物だった。東本願寺第二十三世法主であり、また俳諧、書画をよくする文人でもあった。俳号は句仏。本書のタイトルは、その代表句である。俳句は正岡子規に私淑し、子規門下の高浜虚子、河東碧梧桐と交流した。僧衣に身を包む句仏は、なぜ俳諧の道を歩むことになったのか。句仏の旺盛な句作活動や、虚子に宛てた書簡等を手がかりに、祖師・親鸞から芭蕉へ、そして句仏へといたる日本精神史の新たな水脈をさぐる。

目次

  • 序章 「勿体なや」—大谷句仏の誕生
  • 第1章 二つの革新運動—正岡子規、清沢満之と大谷句仏
  • 第2章 句仏と虚子—「虚子宛句仏書簡」をめぐって
  • 第3章 竹内栖鳳との出会いと枳殻邸の宴
  • 第4章 句仏の遍歴—一茶の「もたいなや」に出会う
  • 第5章 媒介者、暁烏敏—出会いと別れ
  • 第6章 俳号と子規追慕
  • 第7章 「古池や」と「勿体なや」
  • 第8章 忌日の作法と挽歌
  • 第9章 俳句と私小説
  • 終章 大谷句仏の孤独な一筋道

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB24538704
  • ISBN
    • 9784120049989
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    220p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ