書誌事項

問題行動解決支援ハンドブック : 子どもの視点でポジティブに考える

ロバート・E.オニール [ほか] 著 ; 岡村章司, 原口英之訳

金剛出版, 2017.11

タイトル別名

Functional assessment and program development for problem behavior : a practical handbook

問題行動解決支援ハンドブック : 子どもの視点で考える

子どもの視点でポジティブに考える問題行動解決支援ハンドブック

タイトル読み

モンダイ コウドウ カイケツ シエン ハンドブック : コドモ ノ シテン デ ポジティブ ニ カンガエル

大学図書館所蔵 件 / 106

注記

その他の著者: リチャード・W.アルビン, キース・ストーレイ, ロバート・H.ホーナー, ジェフリー・R.スプラギュー

監訳: 三田地真実, 神山努

奥付の責任表示(誤植): ロバート・H.オーナー

原著3rd ed. (Cengage Learning, c2015) の翻訳

原書第2版の訳書(学苑社‎ , ‎2003.4‎): 問題行動解決支援ハンドブック : 子どもの視点で考える

文献: p[213]-226

内容説明・目次

内容説明

本書は、心理学の一分野である、応用行動分析学(ABA)の理論に基づいて、児童生徒の示す問題行動に科学的にアプローチするため礎を作ったものである。初版は、1993年に出版され、以降現場で実用的に使える書として版を重ねてきている。本書は2015年に出版された、原著第三版の全訳である。問題行動にはどのような機能があるのかを読み解くための「機能的アセスメント」の手続きから、アセスメント結果に基づく行動支援計画の立案まですべてのプロセスを包括的に詳細に解説した、現場で活用できる一冊。すぐに使える記録用紙も掲載。

目次

  • 第1章 序文(本ハンドブックの目的;誰が本ハンドブックを使うべきか? ほか)
  • 第2章 機能的アセスメントとその分析方略(機能的アセスメントのプロセス;機能的アセスメントインタビュー(FAI) ほか)
  • 第3章 行動の機能と介入を関連づける(行動の機能と介入を関連づける重要性;行動の機能と型(トポグラフィー) ほか)
  • 第4章 行動支援計画の立案(行動支援計画の立案;行動支援計画を立案するときの四つのポイント ほか)
  • 第5章 行動支援計画の文書化(行動支援計画を文書にする;なぜ行動支援計画書を書かなければならないのか? ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ