書誌事項

獄中十八年

徳田球一, 志賀義雄 [著]

(講談社文芸文庫, [とK1])

講談社, 2017.12

タイトル読み

ゴクチュウ ジュウハチネン

大学図書館所蔵 件 / 47

注記

1947年、時事通信社刊を底本とし、ルビを大幅に増やしたもの

シリーズ番号はブックジャケットによる

内容説明・目次

内容説明

かつて、共産党はたしかに輝いて見えた。しかも道徳的な優位性をもって。国家の弾圧に抗して信念を貫きとおした非転向の「アカ」。その代表選手たる徳田と志賀の、ふしぎに明るい語り口は、過去のあやまちを悔いる者にはあまりにも眩しく、新しい日本に希望を抱く者には自信を与えた。敗戦直後という時代の息吹を伝えるベストセラー。

目次

  • 徳田球一篇(小さな正義派;親孝行でとおる;小学校で最初のストライキ;七高生から代用教員;郡役所書記 ほか)
  • 志賀義雄篇(おいたち;中学生で米騒動に参加;一高入学—学生運動へ;三・一五;牢獄は革命家の試金石 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ