戦後フランス中央集権国家の変容 : 下からの分権化への道

書誌事項

戦後フランス中央集権国家の変容 : 下からの分権化への道

中山洋平著

東京大学出版会, 2017.12

タイトル別名

Who defeated the Jacobin state? : path to decentralization from below in postwar France

タイトル読み

センゴ フランス チュウオウ シュウケン コッカ ノ ヘンヨウ : シタ カラ ノ ブンケンカ エノ ミチ

大学図書館所蔵 件 / 96

注記

その他のタイトルは標題紙裏による

人名索引: p351-352

事項索引: p353-362

内容説明・目次

目次

  • 序章(課題設定:保守長期政権下における中央地方関係の変容;分析の意義 ほか)
  • 第1部 地方インフラ整備事業をめぐる中央統制の盛衰(公的金融機関CDCの台頭と戦後集権体制の起源(地方インフラ整備事業とその担い手;戦間期の「公共サーヴィス」膨張とCDC ほか);高度成長期における官僚統制の後退(1960年代:資金配分統制から都市計画へ;1970年代:包括化・市場化への道))
  • 第2部 都市開発における自律性の条件:地方都市の事例分析(グルノーブルとサンテティエンヌの比較:仮説の提示(サンテティエンヌ都市圏における官僚支配;グルノーブル都市圏における自律の基礎);ブルターニュ開発の中のレンヌ都市圏:仮説の吟味(恵まれた初期条件;CDC系地域開発会社をめぐる力学 ほか))
  • 終章(ミッテラン分権化への道;日仏比較への示唆)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB25246373
  • ISBN
    • 9784130362641
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    x, 362p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ