建築の歴史・様式・社会

著者

    • 藤井恵介先生献呈論文集編集委員会 フジイ ケイスケ センセイ ケンテイ ロンブンシュウ ヘンシュウ イインカイ

書誌事項

建築の歴史・様式・社会

藤井恵介先生献呈論文集編集委員会編

中央公論美術出版, 2018.1

タイトル別名

建築の歴史様式社会

タイトル読み

ケンチク ノ レキシ・ヨウシキ・シャカイ

大学図書館所蔵 件 / 68

収録内容

  • 城郭天守の内部空間について / 稲垣智也著
  • 近代東京の奉祝行事における式殿建築 : 「御殿風」建築の系譜と変遷 / 長谷川香著
  • 東アジア禅宗史における九世紀韓国の九山禅門の意味 / 韓志晩著
  • 駿河・遠江・伊豆の寺社造営における江戸幕府の作事とその組織 / 新妻淳子著
  • 『営造法式』にみる中国宋代の製材工程 / 李暉著
  • 高橋宗直による内裏考証について / 加藤悠希著
  • 古代ローマ住宅における視覚軸 : 考古学資料の見地から / 川本悠紀子著
  • 大名江戸屋敷の複数化について : 土佐藩山内家を事例に / 金行信輔著
  • 尾根と棟柱 / 土本俊和著
  • 明治期建築学における日本建築史 / 角田真弓著
  • 近世藩領の普請備林 / 中村琢巳著
  • 超民家建築論: 民家史に登場しない庶民の家々 / 長澤駿著
  • 昭和五年の「羅馬展」 : イタリアにおける日本建築の発見 / ウーゴ ミズコ著
  • 中国宋・遼・金代建築の組物 / 温静著
  • 古代日本における建築の認識と評価について / 海野聡著
  • 中世禅院における経典の看経・保管とその建築 : 建長寺衆寮と天竜寺輪蔵をめぐって / 野村俊一著
  • 歴史的建造物の様式と修復 : 英国の事例を通して / 大橋竜太著
  • 植民地の建築史・革命の建築史 : ベトナム建築史の成立背景についての考察 / 大田省一著
  • 近世讃岐国善通寺の開帳と臨時の設営について / 山之内誠著
  • 大工棟梁明王太郎による相模国大山阿夫利神社本宮の普請について / 山岸吉弘著
  • 知恩院阿弥陀堂の再建について / 増田晴夫著
  • 隠棲の都 : 近世前・中期京都における大名屋敷の一側面 / 藤川昌樹著
  • 組物の力学 / 藤田香織著
  • 書院造の形成過程と様式定義 / 藤田盟児著
  • 木材切削加工と建築生産システム : 前近代期の社寺建築を中心に / 藤尾直史著
  • 上部からの積載荷重よりみた大規模な古代の木造塔婆建築の復元 / 後藤治著
  • 近代日本家具図の由来と特質 / 新井竜治著
  • 国際的議論から見た木造建築遺産の文化的意義及びその真正性に関する考察 / マルティネス アレハンドロ著
  • 狐鴨居による民家の意匠操作方法 / 坂井禎介著
  • 醍醐寺経蔵の組物に用いた見せかけの梁の意図を読み解く / 金碩顯著
  • 大前神社における社殿造営の社会的意義 / 光井渉著
  • 日中比較から見た古代建築の構造原理 : 尾垂木と中備 / 清水重敦著
  • 玉鳳院 : 開山と開基を祀る塔頭の機能 / 平井俊行著
  • 日本と中国における繋貫の出現と変容 / 鈴木智大著

内容説明・目次

目次

  • 城郭天守の内部空間について
  • 近代東京の奉祝行事における式殿建築—「御殿風」建築の系譜と変遷
  • 東アジア禅宗史における九世紀韓国の九山禅門の意味
  • 駿河・遠江・伊豆の寺社造営における江戸幕府の作事とその組織
  • 『営造法式』にみる中国宋代の製材工程
  • 高橋宗直による内裏考証について
  • 古代ローマ住宅における視覚軸—考古学資料の見地から
  • 大名江戸屋敷の複数化について—土佐藩山内家を事例に
  • 尾根と棟柱
  • 明治期建築学における日本建築史〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ