藤岡勝二の言語思想を中心として

書誌事項

藤岡勝二の言語思想を中心として

柿木重宜著

(日本における近代「言語学」成立事情, 1)

ナカニシヤ出版, 2017.12

タイトル別名

藤岡勝二の言語思想を中心として

タイトル読み

フジオカ カツジ ノ ゲンゴ シソウ オ チュウシン ト シテ

大学図書館所蔵 件 / 56

注記

引用文献: p161-164

内容説明・目次

目次

  • 1章 藤岡勝二の言語思想と『言語學雑誌』について
  • 2章 『新縣居雑記』からみる藤岡勝二の果した役割
  • 3章 黎明期における近代「言語学」の研究分野について
  • 4章 藤岡勝二著『國語研究法』にみられる言語学の専門用語について
  • 5章 近代「言語学」における「語源学」について
  • 6章 近代「言語学」の研究対象になった言語—アルタイ諸語
  • 7章 近代「言語学」と藤岡勝二の言語観
  • 8章 藤岡勝二の言語思想と人物に対する評価

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ