書誌事項

モリー先生との火曜日

ミッチ・アルボム著 ; 別宮貞徳訳

NHK出版, 2018.1

愛蔵版

タイトル別名

Tuesdays with Morrie

タイトル読み

モリー センセイ トノ カヨウビ

大学図書館所蔵 件 / 26

内容説明・目次

内容説明

スポーツコラムニストとして活躍するミッチ・アルボムは、偶然テレビで大学時代の恩師の姿を見かける。モリー先生は、難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)に侵されていた。16年ぶりの再会。モリーは幸せそうだった。動かなくなった体で人とふれあうことを楽しんでいる。「憐れむより、君が抱えている問題を話してくれないか」モリーは、ミッチに毎週火曜日をくれた。死の床で行われる授業に教科書はない。テーマは「人生の意味」について。

目次

  • カリキュラム
  • 講義概要
  • 学生
  • 視聴覚教室
  • オリエンテーション
  • 教室
  • 出欠確認
  • 最初の火曜日(世界を語る)
  • 第二の火曜日(自分をあわれむこと)
  • 第三の火曜日(後悔について)〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ