書誌事項

歴史研究と「総合資料学」

国立歴史民俗博物館編

吉川弘文館, 2018.3

タイトル別名

歴史研究と総合資料学

Historical studies and "integrated studies of cultural and research resources"

タイトル読み

レキシ ケンキュウ ト ソウゴウ シリョウガク

大学図書館所蔵 件 / 66

注記

文献あり

内容説明・目次

内容説明

歴史資料を多面的に検証し、その情報を蓄積・発信・還元することをめざす“総合資料学”。古文書や絵画資料、刀剣、貨幣などを題材にした、研究の具体像に迫る多数の実践例を紹介する。自然科学や民俗学、デジタル技術など、分野の垣根を越えた共同研究によって得られる、多彩な新知見の数々。総合資料学が切り拓く、歴史研究の新たな可能性とは。

目次

  • 日本における人文情報学の全体像と総合資料学
  • 1 デジタルデータの研究活用(洛中洛外図屏風をデジタルで読む—人物データベースの試み;江戸図屏風を起点に他の風景と比べたら何がわかるか?)
  • 2 資料の多角的分析による研究実践(正倉院文書の複製を活用する—古文書を多角的に分析する1;民俗研究における文書の扱い—古文書を多角的に分析する2;顕微鏡を用いた古文書料紙の自然科学分析の試み—古文書を多角的に分析する3;江戸末期の風刺画に見る妖怪表現;日本刀の刀身を作る;民俗学からみる貨幣)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB25694567
  • ISBN
    • 9784642038720
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    v, 197p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ