Q&A発達障害・うつ・ハラスメントの労務対応

書誌事項

Q&A発達障害・うつ・ハラスメントの労務対応

布施直春著

中央経済社 , 中央経済グループパブリッシング, 2018.1

タイトル別名

Q&A発達障害うつハラスメントの労務対応

Q&A発達障害・うつ・ハラスメントの労務対応

発達障害・うつ・ハラスメントの労務対応 : Q&A

タイトル読み

Q&A ハッタツ ショウガイ・ウツ・ハラスメント ノ ロウム タイオウ

大学図書館所蔵 件 / 23

注記

引用文献・参考文献: 巻頭p10-11

内容説明・目次

内容説明

発達障害や精神疾患、各種ハラスメントの基礎知識をはじめ、メンタルヘルス不調者に配慮した労務管理のポイント(下記)をQ&Aでわかりやすく解説。

目次

  • 第1部 発達障害・精神疾患の種類、症状、職場における配慮ポイントなど—障害の種類・特性を職場で正しく理解し、適切な対応を(発達障害;精神疾患(障害))
  • 第2部 セクハラ・パワハラ・マタハラ・パタハラの防止措置と発生時の対応—事業主には従業員についての安全配慮義務(就労環境整備義務)がある(はじめに—4つのハラスメントとは;セクハラ;パワハラ;マタハラ・パタハラ)
  • 第3部 メンタル不調者に配慮した労務管理1—採用選考時の留意点、職場のメンタルヘルス対策、精神疾患発症時の対応等(一般従業員採用選考時の対応—精神疾患の既往歴の質問等は慎重な対応を。取得した個人情報は法に基づいた適切な管理が必要;過重労働防止対策—月80時間超の残業が疑われる事業場すべてに平成28年4月1日から重点監督が開始 ほか)
  • 第4部 メンタル不調者に配慮した労務管理2—私傷病休職の発令、休職中の取扱い、職場復帰、自動退職・解雇等(私傷病休職の発令;私傷病休職中の取扱い ほか)
  • 第5部 従業員が精神障害を発病した場合の労災保険の取扱い—精神障害についての新労災認定基準、セクハラ・パワハラ等で精神障害になった場合の労災補償給付(はじめに—業務上の事由による精神障害(業務災害)についての使用者の労災補償義務の法的根拠;精神障害(疾病)についての労災(業務災害)の新認定基準 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ