ロシア語だけの青春 : ミールに通った日々

書誌事項

ロシア語だけの青春 : ミールに通った日々

黒田龍之助著

現代書館, 2018.3

タイトル読み

ロシアゴ ダケ ノ セイシュン : ミール ニ カヨッタ ヒビ

大学図書館所蔵 件 / 59

内容説明・目次

内容説明

ひたすら発音、そして暗唱。他のやり方は知らない。ロシア語学習にいそしむヘンな高校生が人気語学教師になるまでの、厳しくも楽しいミール・ロシア語研究所の日々。外国語を学ぶ楽しさを語らせたら右に出る者はいない黒田先生が、青春時代を振り返る。

目次

  • プロローグ:東京の真ん中にロシアがあった
  • 第1部 生徒として(ヘンな高校生の「入門」;笑えない笑い話との格闘;一生のバイブルとの出合い;途中から参加するドラマ;永久凍土と間欠泉;拝啓、グエン・バン・リン書記長殿)
  • 第2部 教師として(M物産へ出張講師;22の不幸を笑わない;再びヘンな高校生の登場;レニングラードからペテルブルグへ)
  • 第3部 再び教師として(突然の閉校;最後の講師として)
  • エピローグ:他のやり方は知らない

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ