書誌事項

日本SF精神史

長山靖生著

河出書房新社, 2018.3

完全版

タイトル別名

戦後SF事件史

タイトル読み

ニホン SF セイシンシ

大学図書館所蔵 件 / 86

注記

「日本SF精神史」(2009年刊)と「戦後SF事件史」(2012年刊)の改題,合本再編集の上加筆修正

主要参考文献: p441-446

内容説明・目次

内容説明

幕末・明治から戦後、そして現在まで、“未来”はどのように思い描かれ、“もうひとつの世界”はいかに空想されてきたか—。日本的想像力200年の系譜をたどる画期的通史。日本SF大賞・星雲賞ダブル受賞作の完全版。

目次

  • 近代日本SF史—「想像/創造」力再生の試み
  • 幕末・維新SF事始—日本SFは二百歳を超えている
  • 広がる世界、異界への回路
  • 覇権的カタルシスへの願望—国権小説と架空史小説
  • 啓蒙と発明のベル・エポック
  • 新世紀前後—未来戦記と滅亡テーマ
  • 三大冒険雑誌とその時代
  • 大正期未来予測とロボットたち
  • 「新青年」時代から戦時下冒険小説へ—海野十三の可能性
  • 科学小説・空想科学小説からSFへ
  • 空想科学からSFへ
  • 戦う想像の現場—騒乱と創造と裁判沙汰
  • 論争と昂揚の日々
  • 発展と拡散の日本SF黄金期
  • 八〇年代の輝き—SFとおたくとポストモダン
  • 「幻想文学」とその時代
  • 変容と克服—本当の二一世紀へ

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ