書誌事項

からだが生きる瞬間 : 竹内敏晴と語りあった四日間

竹内敏晴ほか著 ; 稲垣正浩, 三井悦子編

藤原書店, 2018.6

タイトル読み

カラダ ガ イキル シュンカン : タケウチ トシハル ト カタリアッタ ヨッカカン

大学図書館所蔵 件 / 65

注記

その他の著者: 加藤範子, 河本洋子, 瀧元誠樹, 竹谷和之, 奈良重幸, 林郁子, 船井廣則, 松本芳明

内容説明・目次

内容説明

竹内敏晴、40年目の発見を余すところ無く語る未発表座談会。衝撃作『ことばが劈かれるとき』以来、「からだ=ことば」の視点から人と人との関係を問うてきた演出家・竹内敏晴が、スポーツ、武道など一流の「からだ」の専門家たちと徹底討論。「じか」とは何かという竹内晩年のテーマを追究した未発表連続座談会の記録を、ついに公刊。

目次

  • 第1回 「から、だ」ということ(2005.7.22)(からだという問題への気づき—「それが射た」とは;「私が真に私であるとき、私はすでに私ではない」—スタニスラフスキーという指針 ほか)
  • 第2回 「じか」と「エクスターズ」(2005.9.5)(「じか」ということ;「劈く」ということ ほか)
  • 第3回 人間が生きるということ(2006.9.30)(人間の実在と純粋経験;エクスターズの諸相 ほか)
  • 第4回 関係性について(2007.12.25)(異文化の受容にはつねに変形と混淆がある;「個」という概念も翻訳である ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB26242254
  • ISBN
    • 9784865781748
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    311p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ