東京裁判 : 第二次大戦後の法と正義の追求

書誌事項

東京裁判 : 第二次大戦後の法と正義の追求

戸谷由麻 [著]

みすず書房, 2018.5

  • : 新装版

タイトル別名

The Tokyo war crimes trial : the pursuit of justice in the wake of World War II

タイトル読み

トウキョウ サイバン : ダイニジ タイセンゴ ノ ホウ ト セイギ ノ ツイキュウ

大学図書館所蔵 件 / 30

注記

原著 (Cambridge, MA : Harvard University Asia Center, c2008) を筆者が邦訳し一部改訂をくわえたもの

引用文献: 巻末pxvi-xxix

索引: 巻末pi-xv

内容説明・目次

内容説明

2018年は結審から70年目にあたる。現在では東京裁判は、国際犯罪の個人責任を問うた画期的な法廷だったとして、国際刑事裁判の先例となっている。著者はアメリカで教鞭をとる気鋭の研究者。1990年代、旧ユーゴとルワンダで起きた民族浄化やジェノサイド事件について刑事責任が追及され、国際人道法への関心が高まるなかで、「司法事件としての東京裁判」に注目した。そして検察局の内部資料その他を広く読みこみ、ニュルンベルク裁判との比較を重視しながら、国際法の枠組みにおいて、東京裁判の歴史的意義を多角的に分析し、再評価を可能にした。アメリカで出版した意欲作を、みずから翻訳・再編集して日本の読者に問う。新たに書かれた「新装版にあたって」では、東京裁判とニュルンベルク裁判に対する、ここ10年間の国際認識の変化に言及する。

目次

  • 序章 なぜ今東京裁判か
  • 第1章 ニュルンベルクから東京へ
  • 第2章 裕仁天皇の起訴をめぐって
  • 第3章 東条その他の主要戦犯容疑者
  • 第4章 戦争史をどのように語るか
  • 第5章 戦争犯罪に対する指導者責任
  • 第6章 南京事件と泰緬「死」の鉄道
  • 第7章 日本軍残虐行為の記録
  • 第8章 初期の裁判研究家たち
  • 第9章 パル判事の反対意見とその波紋
  • 終章 勝者の裁きを越えて

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ