会計処理の適切性をめぐる裁判例を見つめ直す

書誌事項

会計処理の適切性をめぐる裁判例を見つめ直す

弥永真生著

日本公認会計士協会出版局, 2018.7

タイトル別名

Account judgment

会計処理の適切性をめぐる裁判例を見つめ直す

タイトル読み

カイケイ ショリ ノ テキセツセイ オ メグル サイバンレイ オ ミツメナオス

大学図書館所蔵 件 / 34

内容説明・目次

内容説明

裁判では会計処理はどう考えられたのか?裁判例は会計慣行にどう影響を与えたのか?裁判例から会計を見つめ直す。

目次

  • 長銀事件—複数の「公正ナル会計慣行」
  • 阪急電鉄事件—継続性の原則
  • ライブドア事件—明確な会計基準の不存在
  • NOVA事件—収益の認識と引当金の設定
  • JAL事件—業界の慣習と収益の認識
  • ビックカメラ事件—資産の認識の中止
  • 三洋電機事件—関係会社株式の減損
  • 大竹貿易事件—複数の会計処理方法と業界の慣行
  • 安愚楽牧場事件—「再売買代金」の負債計上の要否
  • オリックス銀行事件—劣後受益権と償却原価法
  • 日本風力開発事件—売り上げの認識
  • IHI事件—工事進行基準と総発生原価見通し
  • ツノダ事件—事業部門ごとの営業損益の記載の要否
  • 都市綜研インベストファンド事件—不動産の取得額への支払利息参入
  • 日債銀事件—その事象に対応する会計基準が存在しない場合
  • ブリヂストン事件—不動産売却卸益の認識
  • キャッツ事件—預け金の可能性
  • そごう事件—貸倒引当金と保証金損失引当金

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ