書誌事項

アガンベンの身振り

岡田温司 [著]

(シリーズ「哲学への扉」)

月曜社, 2018.7

タイトル読み

アガンベン ノ ミブリ

大学図書館所蔵 件 / 39

注記

アガンベンの著作: p172-174

内容説明・目次

内容説明

国境を越えて活躍するイタリアの哲学者、ジョルジョ・アガンベンとは何者か。20年にわたる“ホモ・サケル”計画が完結し—正確に言えば“放棄”され—、近年には初の自伝『書斎の自画像』が出版された。これらを機に、“ホモ・サケル”全4巻9分冊とはいったい何だったのかをあらためて振り返り、その他の著作も再読することによって、自伝におけるアガンベンの告白「わたしはエピゴーネンである」の真意を探るとともに、ドイツの哲学者(ハイデガー、ベンヤミン)やフランスの哲学者(フーコー、ドゥルーズ、デリダ)たちとの、屈折した特異な関係にも迫る。

目次

  • 「ホモ・サケル」計画とは何か?
  • アガンベンはハイデガーをどのように読んでいるのか?(「現存在」と「声」;「芸術作品の根源」と「リズム」 ほか)
  • アガンベンの身振り—ハイデガーとベンヤミンのあいだで(インファンティアと「言語活動の経験/実験」;言語と政治の閾で—一九八〇年代のアガンベン ほか)
  • アガンベンとフランス現代思想(「グラマトロジー」批判;「決定不可能性」をめぐって ほか)
  • 「人間とは映画を見に行く動物のことである」—アガンベンと映画

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB26579189
  • ISBN
    • 9784865030587
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    調布
  • ページ数/冊数
    174p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ