書誌事項

近世民事責任法の研究

金田平一郎著

九州大学出版会, 2018.9

タイトル別名

近世民事責任法の研究

タイトル読み

キンセイ ミンジ セキニン ホウ ノ ケンキュウ

大学図書館所蔵 件 / 73

注記

監修: 和仁かや

学位論文 (九州大学, 1949年) に修正を加えたもの

主要著作一覧: p361-364

内容説明・目次

内容説明

近代化以前の債権の担保とは—大坂や九州地域との比較も交え、徳川幕府の法制度における民事責任の全体像を、緻密かつ明晰に描出する。知られざる未刊の大著に、寄稿と解題を付す。日本における債権概念を俯瞰する上でも大きな示唆を与える、貴重な一冊。

目次

  • 第1編 徳川時代の民事責任法
  • 第2編 徳川時代の私的差押契約
  • 第3編 徳川時代の他人の行為に対する責任制
  • 第4編 徳川時代の「仲ヶ間事」制
  • 第5編 『公事方御定書』上の損害賠償法
  • 第6編 明治前半期の民事責任法

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB26706322
  • ISBN
    • 9784798502380
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    福岡
  • ページ数/冊数
    367, iip, 図版 [2] p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ