菅江真澄と内田武志 : 歩けぬ採訪者の探究

書誌事項

菅江真澄と内田武志 : 歩けぬ採訪者の探究

石井正己著

勉誠出版, 2018.8

タイトル読み

スガエ マスミ ト ウチダ タケシ : アルケヌ サイホウシャ ノ タンキュウ

大学図書館所蔵 件 / 34

注記

内田武志書誌と年譜: p288-299

内容説明・目次

内容説明

不治の病を抱えながらも、恐るべき執念で菅江真澄研究に没頭した内田武志。内田はどのようにして真澄研究を進め、『菅江真澄遊覧記』・『菅江真澄全集』の現代語訳・編集校訂を行ったのか。そこには家族と柳田国男・渋沢敬三・宮本常一の協力があった。真澄研究以前に行った方言研究の方法を捉え直すとともに、偉業をなした内田の軌跡を追う。

目次

  • 歩けぬ内田武志と歩く宮本常一
  • 1 秋田県鹿角の方言と昔話の発表
  • 2 静岡県と星座の方言の集大成
  • 3 戦後の菅江真澄研究の出発
  • 4 『菅江真澄遊覧記』と『菅江真澄全集』の偉業
  • 5 菅江真澄と内田ハチ—科学・教育・図絵
  • 6 真澄のまなざしを考える—あきた遺産の再評価
  • 7 菅江真澄を世界の遺産に
  • 8 日本のナマハゲ、世界のナマハゲ
  • 9 菅江真澄と秋田文化
  • 10 文化財としての昔話

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ