書誌事項

大伴家持歌をよむ

高岡市万葉歴史館編

(高岡市万葉歴史館論集, 18)

笠間書院, 2018.3

  • 1

タイトル別名

大伴家持歌をよむ

タイトル読み

オオトモノ ヤカモチ ウタ オ ヨム

大学図書館所蔵 件 / 47

注記

大伴家持と坂上大嬢に関する略年表(大伴家持越中赴任まで): p87-89

参考文献あり

内容説明・目次

内容説明

若き家持の歌を「虚」や「もの学び」の視点から捉え、紀女郎との相聞や妻坂上大嬢へ贈った相聞長歌、また、いわゆる「歌日誌」冒頭の補遺部分に見える歌など、越中国守以前の家持を考える重要な歌を取りあげる。さらに若き家持の歌が「おもて歌」とされていた家持歌享受の実態も解明する。

目次

  • 大伴家持の「虚」
  • 大伴家持のもの学び
  • 大伴家持と紀女郎との贈答歌の表現
  • 大伴家持と坂上大嬢、夫婦愛の軌跡—『万葉集』巻八相聞長歌を中心に
  • 「歌日誌」の序奏—巻十七冒頭補遺歌群中の家持
  • 大伴家持の工夫—越中守以前の表記から
  • 家持の“おもて歌”—家持歌の享受史

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ