「いやし」としての音楽 : 江戸期・明治期の日本音楽療法思想史

書誌事項

「いやし」としての音楽 : 江戸期・明治期の日本音楽療法思想史

光平有希著

(日文研叢書 = Nichibunken Japanese studies series, 56)

国際日本文化研究センター, 2018.9 , 臨川書店

タイトル別名

いやしとしての音楽 : 江戸期明治期の日本音楽療法思想史

タイトル読み

「イヤシ」 トシテノ オンガク : エドキ・メイジキ ノ ニホン オンガク リョウホウ シソウシ

大学図書館所蔵 件 / 7

注記

参考文献: p253-265

リストI:江戸期に刊行された養生書: p243-246

リストII:明治期に刊行された養生書・衛生書: p247-249

リストIII:明治後期の新聞・雑誌などに見られる音楽効能説及び音楽療法論: p250-251

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB26887067
  • ISBN
    • 9784901558921
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都,[京都]
  • ページ数/冊数
    287p
  • 大きさ
    22cm
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ