めった斬り平成経済史 : 失敗の本質と復活の条件

書誌事項

めった斬り平成経済史 : 失敗の本質と復活の条件

高橋洋一著

ビジネス社, 2018.9

タイトル別名

Critical analysis of the Heisei economy

タイトル読み

メッタギリ ヘイセイ ケイザイシ : シッパイ ノ ホンシツ ト フッカツ ノ ジョウケン

大学図書館所蔵 件 / 15

注記

各章に年表あり

内容説明・目次

内容説明

今こそしくじりから学び取れ!「失われた30年」の真相と日本経済再興への道筋。

目次

  • 序章 したり顔で語られる、プラザ合意とバブルのウソにだまされるな。—昭和55(1980)年〜昭和63(1988)年
  • 第1章 問題はバブル崩壊ではない。原因の見誤りと後処理の迷走だ。—平成元(1989)年〜平成8(1996)年
  • 第2章 官僚も金融機関もマスコミも、「改革」という言葉を叫びさえすればいいと思っていた。—平成9(1997)年〜平成12(2000)年
  • 第3章 実は、デフレと円高の二重苦を退治するチャンスはいくらでもあった。—平成13(2001)年〜平成19(2007)年
  • 第4章 乱世だからこそ「ハトヤマノミクス」もあり得たのだが…。—平成20(2008)年〜平成23(2011)年
  • 第5章 今も決して悪くはないが、日本経済にはもっともっとノビシロが残っている。—平成24(2012)年〜平成31(2019)年

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ