近代日本のメディア議員 : 「政治のメディア化」の歴史社会学

書誌事項

近代日本のメディア議員 : 「政治のメディア化」の歴史社会学

佐藤卓己, 河崎吉紀編

創元社, 2018.11

タイトル別名

近代日本のメディア議員 : 「政治のメディア化」の歴史社会学

近代日本のメディア議員 : 政治のメディア化の歴史社会学

タイトル読み

キンダイ ニホン ノ メディア ギイン : セイジ ノ メディアカ ノ レキシ シャカイガク

大学図書館所蔵 件 / 90

注記

メディア関連議員一覧: p400-482

内容説明・目次

内容説明

政治の自立性を奪う、“メディアの論理”とは何か?世論迎合型(=劇場型)政治のルーツと変遷を検証する、ポリフォニックな共同研究。

目次

  • 序章 メディア政治家と「政治のメディア化」
  • 第1章 メディアに関連する議員の一〇〇年—『衆議院議員名鑑』における数量的分析
  • 第2章 メディア政治家の諸類型—「東の新聞県」長野県選出議員の分析から
  • 第3章 九州における地方紙の政治性—士族反乱の余波と「政論」の持続
  • 第4章 出版関連議員と政論メディアの変遷—雑誌の専門化と商業化
  • 第5章 ポスト政論新聞・大阪系全国紙の迂回路—特ダネ主義と政治部記者
  • 第6章 普通選挙体制下のメディア政治家—政党政治と「世論」政治
  • 第7章 海外経験を持つメディア議員たち—東亜同文書院卒業者を中心として
  • 第8章 メディア議員の翼賛・迎合・抵抗—翼賛選挙と公職追放
  • 第9章 自己メディア化する女性議員—その誕生と展開

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ