書誌事項

音楽放浪記

片山杜秀著

(ちくま文庫, [か75-1], [か75-2])

筑摩書房, 2018.12-2019.1

  • 日本之巻
  • 世界之巻

タイトル別名

音盤考現学

音盤博物誌

タイトル読み

オンガク ホウロウキ

大学図書館所蔵 件 / 31

注記

「片山杜秀の本1 音盤考現学」(アルテスパブリッシング, 2008年2月刊)と「片山杜秀の本2 音盤博物誌」(アルテスパブリッシング, 2008年5月刊)に所収の100篇から55篇を採録, 再編集し文庫化

参考音盤ガイド: 日本之巻: p379-412. 世界之巻: p311-341

叢書番号はブックジャケットによる

内容説明・目次

巻冊次

日本之巻 ISBN 9784480435613

内容説明

崇高で、不穏で、実験的。それでいて深い感動を与えてくれる日本のクラシック音楽。山田耕筰、橋本國彦、伊福部昭、武満徹、坂本龍一。近代日本が生んだ精神の最高のものが、彼らの音楽にあらわれている—。サントリー学芸賞(第30回)・吉田秀和賞(第18回)をW受賞した傑作音楽評論を再編集して文庫化。批評の最終兵器・片山杜秀の導きで、日本のクラシック音楽へ接近せよ!

目次

  • 極私的追悼・伊福部昭
  • ドシラとゴジラ
  • ルルー・伊福部・ショパン
  • 幻の京都楽派を求めて
  • 曖昧なる日本の巨匠
  • 信時楽派が存在する
  • 「代用の帝国」の逆襲
  • 近衛秀麿と「日本的近代」
  • 齋藤秀雄の不幸
  • 橋本國彦の懴悔〔ほか〕
巻冊次

世界之巻 ISBN 9784480435699

内容説明

クラシック音楽をより深く愉しみたいなら、近代以降の歴史的な脈絡をつけて聴くのがよい。フランスなら、ドビュッシーからブーレーズ以降へ。旧ソ連なら、ミャスコフスキーがいて、ショスタコーヴィチがいてシュニトケがいる。古典的な名曲から現代音楽までを整理し、西洋音楽の本質に迫る。サントリー学芸賞(第30回)・吉田秀和賞(第18回)をW受賞した傑作を再編集して文庫化。縦横無尽で自由自在な音楽批評。

目次

  • バッハの罪?
  • ご先祖様はモーツァルト?
  • 踊れ、ベートーヴェン!
  • フランク沈没
  • シェーンベルクと編曲の夢
  • さよなら、クライスラー
  • 火男、がんばる
  • 「ミャス六」の謎
  • グルジェフ式ラジオ修繕法
  • ドビュッシーの前にひざまずくヒンデミット〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB27384301
  • ISBN
    • 9784480435613
    • 9784480435699
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    2冊
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ