サドと二十世紀

書誌事項

サドと二十世紀

エリック・マルティ著 ; 森井良訳

水声社, 2019.1

タイトル別名

Pourquoi le XXe siècle a-t-il pris Sade au sérieux?

サドと二十世紀

タイトル読み

サド ト 20セイキ

大学図書館所蔵 件 / 40

注記

原著 (Seuil, c2011) の全訳

内容説明・目次

内容説明

思想家・作家としての「サド」よりも、悪としてのサディズムのみに着目していた19世紀を経て、20世紀、思想家たちはどのようにサドを捉えたか?ロラン・バルトの高弟にして、アンドレ・ジッド研究の泰斗による、サドをめぐる20世紀思想史。

目次

  • 第1部 サド的主体の創設—アドルノ、クロソフスキー、バタイユ、ブランショ(サドの恐怖政治;現代的主体としてのサド;モーリス・ブランショとサド的否定)
  • 第2部 サド的主体との対話—フーコー、ラカン、ドゥルーズ(フーコー—サドと語る現代の譫言;ラカンとサド的なもの;ザッヘル=マゾッホ、ドゥルーズの策略)
  • 第3部 サド的主体の利用—クロソフスキー、ソレルス、バルト(ピエール・クロソフスキー、二乗にされたサド;フィリップ・ソレルスをつうじてサドを書く;ロラン・バルトとサド的中性)
  • エピローグ パゾリーニ、ブランショ、レヴィナス

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ