書誌事項

ひとりの覚悟

山折哲雄著

(ポプラ新書, 163)

ポプラ社, 2019.1

タイトル読み

ヒトリ ノ カクゴ

大学図書館所蔵 件 / 9

内容説明・目次

内容説明

自分は何のために生かされてきたのか。死の間際まで私はそのことを問いたい。人生100年時代、私たちは自らの人生の結末を他人任せにしていいのだろうか。長い歴史において、仏教の無常観と死への賢慮を織り込んできた日本人。その思想と文化をたどり、真の成熟とは何か、理想の逝き方とは何かを問う。最晩年を迎えた著書が提言する、いのちのけじめ論。

目次

  • はじめに—理想の逝き方について考える
  • 序章 緊急提言いまこそ「死の規制緩和」を
  • 第1章 告知の文化、気配の文化
  • 第2章 未知なる死への向き合い方
  • 第3章 人生100年時代とオキナの価値観
  • 第4章 日本人と無常観
  • 第5章 私が「これからの世」について語るなら

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB27672022
  • ISBN
    • 9784591161340
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    190p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ