書誌事項

鉄条網の世界史

石弘之, 石紀美子 [著]

(角川文庫, 21429)

KADOKAWA, 2019.1

タイトル別名

鉄条網の歴史 : 自然・人間・戦争を変貌させた負の大発明

Entangled : a history of barbed wire

角川ソフィア文庫

タイトル読み

テツジョウモウ ノ セカイシ

大学図書館所蔵 件 / 20

注記

「鉄条網の歴史」(洋泉社 2013年刊)の改題, 加筆修正

その他のタイトルはブックジャケットによる

角川ソフィア文庫のシリーズ番号: I-405-2

参考文献: p294-302

内容説明・目次

内容説明

農作物を家畜などから守ることを目的に約160年前に発明された鉄条網は、いつしか人と人とを隔てる強力な暴力兵器へと変貌を遂げた。先住民が押し込められた居留地、アウシュヴィッツ強制収容所、アメリカ‐メキシコの国境—著者は世界中から資料を掘り起こし、現地取材を重ね、人間の外敵排除の心理がこのシンプルな道具とともに顕在化し、爆発的に膨張したことを明らかにする。鉄条網を通して見る、もう一つの近現代史。

目次

  • 第1章 西部開拓の主役
  • 第2章 土壌破壊と黄塵
  • 第3章 塹壕戦の主役
  • 第4章 「人種の罪」と憎悪のフェンス
  • 第5章 民族対立が生んだ強制収容所
  • 第6章 国境を分断する鉄条網
  • 第7章 追いつめられる先住民
  • 第8章 よみがえった自然

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ