子どもが増えた! : 明石市人口増・税収増の自治体経営(まちづくり)

著者

書誌事項

子どもが増えた! : 明石市人口増・税収増の自治体経営(まちづくり)

湯浅誠, 泉房穂編著

(光文社新書, 992)

光文社, 2019.2

タイトル別名

子どもが増えた : 明石市 : 人口増税収増の自治体経営

タイトル読み

コドモ ガ フエタ : アカシシ ジンコウゾウ ゼイシュウゾウ ノ マチズクリ

大学図書館所蔵 件 / 60

内容説明・目次

内容説明

兵庫県明石市は、近年、子育て支援による子ども増・人口増・税収増で注目されている。市が掲げる「子どもを核としたまちづくり」「やさしいまちを明石から」が、聞こえのいいスローガンで終わらないのはなぜか?その要因は?市民・市議会の理解は得られているのか?理屈ではなく実践を積み重ねてきた現市長と元内閣府参与が、自治体関係者、元官僚、研究者などの論客を迎えて多面的に分析する。住模が市長に本音をぶつけるスペシャル座談会も収録。

目次

  • 第1講 人口動態で見る地域の「健康」(藻谷浩介(地域エコノミスト))
  • 第2講 マイノリティが社会発展の鍵を握る(村木厚子(元厚生労働事務次官))
  • 第3講 1%の積み上げで地域は蘇る(藤山浩(持続可能な地域社会総合研究所))
  • 第4講 市民とともに責任を担い合う自治(清原慶子(三鷹市長))
  • 第5講 「転換期」のリーダーに求められるもの(北川正恭(元三重県知事))
  • 第6講 「魚目線」で地域の自然を見る(さかなクン(東京海洋大学名誉博士))

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ