書誌事項

近代会計史入門

中野常男, 清水泰洋編著

同文舘出版, 2019.3

第2版

タイトル別名

Modern accounting history : an introduction

タイトル読み

キンダイ カイケイシ ニュウモン

大学図書館所蔵 件 / 77

注記

必読文献: p319-325

その他のタイトルはブックジャケットによる

内容説明・目次

内容説明

新たに財務諸表の歴史にかかわる章を追補し、さらに充実の最新版!本書は、13世紀〜20世紀初頭に至るまでの、「会計」という人間の営む行為そのもののアイデンティティを時間軸に沿って再確認する旅を叙述したものである。

目次

  • 「会計」の起源と複式簿記の誕生
  • 第1部 簿記の時代—複式簿記の伝播と近代化(フランスの簿記事情と会計規定の成立・展開—イタリア式簿記の導入以前からナポレオン商法まで;ドイツ式簿記とイタリア式簿記—フッガー家の会計制度と16〜19世紀のドイツ簿記書;ネーデルラント会計史の現代的意義—ステヴィンの「簿記論」とオランダ東インド会社;15〜19世紀イギリスの簿記事情—複式簿記の伝播とその漸次的普及;アメリカへの複式簿記の移入と簿記理論の体系化—理論的教示、そして会計学への展開 ほか)
  • 第2部 簿記から会計へ—株式会社と近代会計の形成(株式会社会計の起源—イギリス東インド会社と南海会社;株式会社制度確立期の財務報告実務—19世紀イギリスにおける鉄道会社の会計実務;株式会社と管理会計の生成—鉄道業から製造業へ;株式会社と会計専門職業—19世紀イギリスにおける会社法制の整備と会計専門職業の発展;政府・自治体と公会計—アメリカ公会計の起源と特徴 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ