書誌事項

明代の専制政治

岩本真利絵著

(プリミエ・コレクション, 100)

京都大学学術出版会, 2019.3

タイトル別名

Despotism in late Ming China

タイトル読み

ミンダイ ノ センセイ セイジ

大学図書館所蔵 件 / 82

注記

欧文タイトルは英文要約による

学位論文「中国明代後期における皇帝専制政治の追求」(京都大学, 2017年) を大幅に修正して加筆したもの

参考文献一覧: p385-394

引用文献一覧: p395-401

内容説明・目次

内容説明

歴代皇帝と官僚士大夫の共通理解のもとに築かれたその内実。独裁政治ではない中国独自の専制を明らかにする。

目次

  • 第1章 「君臣同遊」の変遷
  • 第2章 明代における大臣召対の位置
  • 第3章 嘉靖六年年末の内殿儀礼改定
  • 第4章 嘉靖十年の大臣召対再開
  • 第5章 嘉靖朝における勲臣の政治的立場—武定侯郭〓を例に
  • 附論1 桂萼の賦役制度改革論
  • 附論2 夏言の著作について—『桂洲先生文集』と『桂洲奏議』を中心に
  • 附論3 霍韜の年譜について—『宮保霍文敏公年譜黄淮集』と『石頭録』
  • 第6章 管志道の思想形成と政治的立場—万暦五年張居正奪情問題とその後
  • 第7章 管志道『従先維俗議』の政治思想

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ