下剋上球児 : 三重県立白山高校、甲子園までのミラクル

書誌事項

下剋上球児 : 三重県立白山高校、甲子園までのミラクル

菊地高弘著

カンゼン, 2019.3

タイトル別名

下剋上球児 : 三重県立白山高校甲子園までのミラクル

タイトル読み

ゲコクジョウ キュウジ : ミエケンリツ ハクサン コウコウ コウシエン マデ ノ ミラクル

大学図書館所蔵 件 / 34

内容説明・目次

内容説明

10年連続、県大会初戦敗退の弱小校、かつて県内で一番対戦したくない“荒れた高校”がまさかの甲子園!?学校も野球部も地元も熱狂!ひと夏の青春ノンフィクション。

目次

  • 雑草だらけのグラウンド
  • 牛歩のごとく進まぬチーム
  • 10年連続三重大会初戦敗退
  • 真面目軍団と問題児軍団
  • 一筋の光明と強豪の壁
  • 8名の野球部顧問
  • 過疎の町と野球部
  • 三度目の正直
  • 監督の手を離れるとき
  • 日本一の下剋上
  • 空に昇っていく大歓声
  • 白山はなぜ甲子園に出られたのか

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ