書誌事項

X線からクォークまで : 20世紀の物理学者たち

エミリオ・セグレ [著] ; 久保亮五, 矢崎裕二訳

みすず書房, 2019.4

  • : 新装版

タイトル別名

From X-rays to quarks : modern physicists and their discoveries

Personaggi e scoperte della fisica contemporanea

タイトル読み

Xセン カラ クォーク マデ : 20セイキ ノ ブツリ ガクシャ タチ

大学図書館所蔵 件 / 8

注記

参考文献: p419-431

原著 (Arnoldo Mondadori Editore, Milano, 1976) の改訂英訳版 (W. H. Freeman and Company, San Francisco, 1980) からの日本語訳

内容説明・目次

内容説明

素粒子物理学者による物理学者列伝。キュリー夫妻、ボーア、アインシュタイン、フェルミ…自身の見聞も散りばめ、生き生きと描く。

目次

  • 序論
  • H.ベクレル、キュリー夫妻、放射能の発見
  • 新世界でのラザフォード—元素の壊変
  • 心ならずも革命家になったプランク—量子化の考え
  • アインシュタイン—新しい考え方、空間、時間、相対性、量子
  • サー・アーネスト、ネルソンのラザフォード卿
  • ボーアと原子モデル
  • ついに本当の量子力学が現われる
  • 奇跡の年1932年—中性子、陽電子、重水素、その他の発見
  • エンリコ・フェルミと核エネルギー
  • E.O.ローレンスと粒子加速器
  • 原子核を越えて
  • 古い切株から出てきた新しい枝
  • おわりに

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB28018444
  • ISBN
    • 9784622088042
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vi, 459p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
ページトップへ