モンゴル語の母音 : 実験音声学と借用語音韻論からのアプローチ

書誌事項

モンゴル語の母音 : 実験音声学と借用語音韻論からのアプローチ

植田尚樹著

(プリミエ・コレクション, 102)

京都大学学術出版会, 2019.3

タイトル別名

モンゴル語の母音に関する総合的研究

Mongolian vowels : approaches from experimental phonetics and loanword phonology

タイトル読み

モンゴルゴ ノ ボイン : ジッケン オンセイガク ト シャクヨウゴ オンインロン カラ ノ アプローチ

大学図書館所蔵 件 / 47

注記

博士論文『モンゴル語の母音に関する総合的研究』(京都大学, 2018年度) に修正を加えたもの

参考文献: p359-367

内容説明・目次

内容説明

モンゴル語の母音に関する現象を網羅的に扱うとともに、多角的に検証する。音声実験を行い、得られたデータをもとに音韻的な分析を行う。母音体系や母音調和について借用語のデータを多用して検討する。本書で実践されたこれらの方法は、他の言語の分析にも適用できるものであり、モンゴル語以外の個別言語の音韻研究も、さらに進得することが期待される。

目次

  • 第1部 序論(本書のねらい)
  • 第2部 母音体系(第2音節以降の母音の長さ;第2音節以降における母音の長短の対立;短母音eの音価;後舌母音の音価)
  • 第3部 母音調和(接尾辞の母音調和;借用語内部の母音調和)
  • 第4部 プロソディー(ピッチパターン)
  • 第5部 結論(まとめと今後の展望)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ