書誌事項

イノベーション&マーケティングの経済学

金間大介, 山内勇, 吉岡 (小林) 徹著

中央経済社 , 中央経済グループパブリッシング (発売), 2019.4

タイトル別名

Economics of innovation and marketing

タイトル読み

イノベーション & マーケティング ノ ケイザイガク

大学図書館所蔵 件 / 116

注記

参考文献: 各章末

さらなる学びのために: p203-206

内容説明・目次

内容説明

本書は、捉えどころのない「イノベーション」というものの大枠を、まず理論的に明らかにします。そのうえで、中身であるプロセスの詳細について、マーケティング論や技術経営論、組織論の知見を活用して、体系的に整理していきます。その意味で本書は、イノベーション論を、学際的なイノベーション学に近づけるための試み、といってもよいかもしれません。

目次

  • イノベーション・プロセス
  • 第1部 イノベーションの経済学—理論的見地から(経済学とイノベーション;付加価値の経済理論;イノベーションの源泉をもたらす消費者)
  • 第2部 イノベーション・マーケティング—競争力強化を目指したマーケティング戦略立案のために(差別化と市場創造へのアプローチと課題—古典的マーケティング論の再考とイノベーション論との融合;付加価値の創出プロセス;事業機会の発見と差別化の追求)
  • 第3部 イノベーションの収益化とマネジメント(付加価値の保護;ブランディング;イノベーションの源泉の創出を促すためのマネジメント)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ