資本主義と民主主義の終焉 : 平成の政治と経済を読み解く

書誌事項

資本主義と民主主義の終焉 : 平成の政治と経済を読み解く

水野和夫, 山口二郎 [著]

(祥伝社新書, 570)

祥伝社, 2019.5

タイトル読み

シホン シュギ ト ミンシュ シュギ ノ シュウエン : ヘイセイ ノ セイジ ト ケイザイ オ ヨミトク

大学図書館所蔵 件 / 55

内容説明・目次

内容説明

平成とはどのような時代だったのか。そして、令和はどのような時代になるのか—。『資本主義の終焉と歴史の危機』で歴史の転換を明示した水野和夫教授と、政権与党時の民主党ブレーンとして政治の内側を見てきた山口二郎教授が語り尽くす。まず、平成三一年間を六つの時代に分けて分析。そのうえで平成を総括し、今後を予測・提言する。見えてきたのは、日本が資本主義を“卒業”していく過程であり、政治が大きく変質・劣化していく様だった。歴史的に未知の領域に入ろうとしている現在の日本。両名の主張に刮目せよ。

目次

  • 第1章 新時代への期待—バブルとベルリンの壁、二つの崩壊 1989〜1992年
  • 第2章 危機感漂う世紀末—相次ぐ企業破綻から金融危機へ 1993〜1999年
  • 第3章 熱狂する国民—小泉政権と同時多発テロ 2000〜2004年
  • 第4章 新自由主義の席巻—リーマン・ショックと格差社会 2005〜2008年
  • 第5章 「神話」の崩壊—政権交代と東日本大震災 2009〜2011年
  • 第6章 長期政権と右旋回—そして、安倍一強へ 2012〜2019年
  • 第7章 平成とは、どのような時代だったのか
  • 第8章 これからの一〇年

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ