明治大帝の誕生 : 帝都の国家神道化

書誌事項

明治大帝の誕生 : 帝都の国家神道化

島薗進著

春秋社, 2019.5

タイトル読み

メイジ タイテイ ノ タンジョウ : テイト ノ コッカ シントウカ

大学図書館所蔵 件 / 72

内容説明・目次

内容説明

1912年、人々の心をとらえた「神聖天皇」。明治から大正にかわる100年ほど前、民衆の天皇崇敬が一気に高まり、その熱狂は国民の思想と言論の自由を徐々に奪っていく。その歴史的一大転換点をマスコミ・知識人の言動からドラマチックに実証し描き出す。

目次

  • 明治天皇崩御と国家神道の新たな展開
  • 明治聖徳論の展開と天皇崩御
  • 明治天皇の大喪と乃木希典の殉死
  • 乃木希典の殉死と軍旗の神聖化
  • 「軍国美談」のスーパーヒーローの誕生
  • 明治天皇の崩御と大衆参加による神聖化
  • 国民の「熱誠」と明治神宮創建への動き
  • 二重橋前平癒祈願と大衆の「熱誠」
  • 群衆が育てた国家神道
  • 石橋湛山が捉えた集合的沸騰の日本
  • 天皇への「熱誠」の美化と桐生悠々の抵抗
  • 知識人の神道観・天皇観の変容
  • 皇室=神社の一体性と国家神道の新展開
  • 天皇崇敬で高揚する群衆の系譜
  • 日露戦争から戦後への群衆の昂揚
  • 治安と言論統制による天皇神聖化
  • 皇室を究極的な善とする治安体制
  • 大逆事件と世論誘導
  • 大逆事件がよびさました皇道論
  • 国体論に基づく思想・言論の抑圧を批判する可能性
  • 天皇崇敬秩序に服する「かのように」
  • 知識人が国家神道を進んで担う時代
  • 神聖天皇に近づいていく学者・著述家ら
  • 宗教運動が神聖天皇崇敬を増幅する

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ