都民とともに問う都立病院の「民営化」 : ねらわれる地方独立行政法人化

書誌事項

都民とともに問う都立病院の「民営化」 : ねらわれる地方独立行政法人化

安達智則, 太田正, 川上哲著

かもがわ出版, 2019.3

タイトル別名

都民とともに問う都立病院の民営化 : ねらわれる地方独立行政法人化

タイトル読み

トミン ト トモニ トウ トリツ ビョウイン ノ「ミンエイカ」 : ネラワレル チホウ ドクリツ ギョウセイ ホウジンカ

大学図書館所蔵 件 / 14

内容説明・目次

内容説明

直営の都立病院だからこそ、実現できる医療福祉行政を。

目次

  • 第1章 都民の期待に近づいていく“都立病院行政改革”(都立病院の現状と課題;1990年代“都立病院改革”の検証;2000年代“都立病院改革”は、財政危機と併走—「行政的医療」による都立病院縮小;「行政的医療」から「福祉行政医療」へ)
  • 第2章 都立病院の地方独立行政法人化は何をもたらすか(病院事業の経営形態と地方独立行政法人;地独法化の現実と地独法病院の実像;直営を活かした都民本位の医療をめざして)
  • 第3章 都民のための都立病院財政の確立、そしてさらなる拡充へ(東京都財政と都立病院財政—分けて考えることはできない;「繰入金400億円」はなぜ問題なのか?;都立病院財政分析の基礎;独り歩きする「自己収支比率」—公立病院分析の一般的な指標ではない!;地方独立行政法人では都立病院の役割は果たせない)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB28247204
  • ISBN
    • 9784780310153
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    133p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ