子どもの涙 : ある在日朝鮮人の読書遍歴

書誌事項

子どもの涙 : ある在日朝鮮人の読書遍歴

徐京植著

高文研, 2019.4

タイトル読み

コドモ ノ ナミダ : アル ザイニチ チョウセンジン ノ ドクショ ヘンレキ

大学図書館所蔵 件 / 9

注記

柏書房 1995年3月刊に若干の字句上の修正を加えて復刻したもの

内容説明・目次

内容説明

泣くこと厳禁!授業中に「I am a Japanese」と唱和できなかった少年の悲しみ—。寺田寅彦から魯迅やフランツ・ファノンまで、作家・徐京植が心の糧とした読書体験を語る。

目次

  • 思春期の戸口にて—『寺田寅彦集』
  • 子どもの涙(一)—エリザベス・ルウィズ『揚子江の少年』
  • 子どもの涙(二)—ニコライ・バイコフ『偉大なる王』
  • 子どもの涙(三)—エーリッヒ・ケストナー『飛ぶ教室』
  • 豆を煮るに—吉川英治『三国志』
  • いやな奴—太宰治『思ひ出』
  • 男について—『現代詩人全集』ほか
  • 読めなかった本—トーマス・マン『魔の山』
  • 希望とは—魯迅『故郷』
  • 廃滅せんとする言葉(一)—許南麒『朝鮮冬物語』
  • 廃滅せんとする言葉(二)—金素雲編訳『朝鮮詩集』
  • 橋をわがものにする思想—フランツ・ファノン『地に呪われたる者』

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB28702027
  • ISBN
    • 9784874986806
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    223p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ