日英インテリジェンス戦史 : チャーチルと太平洋戦争

書誌事項

日英インテリジェンス戦史 : チャーチルと太平洋戦争

小谷賢著

(ハヤカワ文庫, 8395 . ハヤカワ文庫NF||ハヤカワ ブンコ NF ; NF544)

早川書房, 2019.8

タイトル別名

イギリスの情報外交 : インテリジェンスとは何か

タイトル読み

ニチエイ インテリジェンス センシ : チャーチル ト タイヘイヨウ センソウ

大学図書館所蔵 件 / 18

注記

「イギリスの情報外交--インテリジェンスとは何か」(PHP研究所 2004年刊)の改題,大幅な加筆修正

『日英インテリジェンス戦史』関連年表: p[12]-[13]

内容説明・目次

内容説明

第二次世界大戦を勝利に導いたチャーチル英首相は、敵国の秘密情報を得ることに執念を燃やした。米国の協力により日本の外交暗号「パープル」を突破し、極東情勢の急変を予見。日本が無謀きわまる太平洋戦争に突入する一方、米国の参戦によって英国は戦局を打開する—。新史料から見えた日英の情報戦の実態とは?インテリジェンス研究の第一人者のデビュー作が、最新の研究成果をふまえた大幅加筆のうえ改題・文庫化。

目次

  • 第1章 インテリジェンスとは何か
  • 第2章 イギリスの対日情報活動
  • 第3章 情報分析から利用までの流れ
  • 第4章 危機の高まり—日本の南進と三国同盟
  • 第5章 危機の頂点—一九四一年二月極東危機
  • 第6章 危機の緩和と英米の齟齬
  • 第7章 対日政策の転換点—日本軍の南部仏印進駐
  • 第8章 イギリス外交の硬直化と戦争への道

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ