貨幣経済と資本蓄積の理論

書誌事項

貨幣経済と資本蓄積の理論

石倉雅男著

大月書店, 2019.8

第2版

タイトル読み

カヘイ ケイザイ ト シホン チクセキ ノ リロン

大学図書館所蔵 件 / 78

注記

参考文献: 各章末

内容説明・目次

内容説明

マルクスとケインズの貨幣理論を基礎に資本主義経済の構造と動態に迫る。現代政治経済学の視点から、資本蓄積と所得分配、金融不安定性などの理論を提示。第2版では、ミンスキー理論の国際経済への拡張などを追加した。

目次

  • 第1部 貨幣経済の政治経済学(政治経済学アプローチと貨幣;貨幣経済への分析視角;貨幣経済と価格形態;商品価値の生産価格への転化)
  • 第2部 資本・賃労働関係の政治経済学(「労働者からの労働の抽出」と権力関係;非正規雇用の増加と所得格差の拡大)
  • 第3部 資本蓄積・利潤・負債の政治経済学(資本蓄積と所得分配;補論 資本蓄積と雇用—移行過程の分析をめぐって;投資、利潤と負債の動学的関係;証券化と金融危機—2008年世界金融危機をめぐって)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB28782784
  • ISBN
    • 9784272111268
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xiv, 341p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ