黄昏の夜明け : 光速度社会の両義的現実と人類史の「今」

書誌事項

黄昏の夜明け : 光速度社会の両義的現実と人類史の「今」

ポール・ヴィリリオ [述] ; シルヴェール・ロトランジェ聞き手 ; 土屋進訳

新評論, 2019.10

タイトル別名

黄昏の夜明け : 光速度社会の両義的現実と人類史の今

Crepuscular dawn

タイトル読み

タソガレ ノ ヨアケ : コウソクド シャカイ ノ リョウギテキ ゲンジツ ト ジンルイシ ノ「イマ」

大学図書館所蔵 件 / 47

注記

原書 (Semiotext(e), 2002) の全訳

内容説明・目次

内容説明

時代の最先端で闘い続けたヴィリリオの思想的歩み、その到達点。「速度の政治経済学」の提唱を通じ、人類社会の光と闇の実体に迫る。「私たちの今」と「生きる身体」の解放のために。

目次

  • 序 時間爆弾(戦時;時間に対する戦い)
  • 1 時間バンカー(考古学;速度学)
  • 2 遺伝子爆弾(優生学;科学の事故)
  • 結 黄昏の夜明け

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB2900201X
  • ISBN
    • 9784794811264
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    270p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ