書誌事項

社会病理学の足跡と再構成

朝田佳尚, 田中智仁編著

学文社, 2019.10

タイトル読み

シャカイ ビョウリガク ノ ソクセキ ト サイコウセイ

大学図書館所蔵 件 / 64

注記

監修: 日本社会病理学会

文献: 各章末

内容説明・目次

目次

  • 第1部 社会病理学を問い直す(「逸脱の死」を問い直す;ミルズ「社会病理学者の職業的イデオロギー」論文を再読する—研究と現場の実践をめぐる緊張関係と社会病理・逸脱研究)
  • 第2部 社会病理学の足跡をたどる(戦前の「社会病理学」;社会病理学における社会解体アプローチから生活機能障害アプローチへの系譜;戦後の昭和期における犯罪・非行の説明理論に依拠した実証研究—1960年代からの30年間の科警研報告論文の軌跡)
  • 第3部 社会病理学を再構成する(デュルケム社会学を使い継ぐ—機能主義の知識社会学の可能性と課題;臨床社会学と「公共」の社会学—「問題解決が問題であること」の指摘と臨床社会学・社会病理学・批判的実在論の関係づけ;臨床社会学は何を語ってきたか;社会病理学は社会問題の構築主義を受容したのか;批判的実在論の可能性;社会病理学における意味論と事例研究の可能性)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB29111897
  • ISBN
    • 9784762029363
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xiii, 276p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ