えろまん : エロスでよみとく万葉集

書誌事項

えろまん : エロスでよみとく万葉集

大塚ひかり著

新潮社, 2019.8

タイトル読み

エロマン : エロス デ ヨミトク マンヨウシュウ

大学図書館所蔵 件 / 5

注記

年表: p[186]-[187]

参考文献・参考原典: p188-189

内容説明・目次

内容説明

古代日本には、今とは違うさまざまなエロい風俗習慣があった。その習慣は、現代人から見るとエロさに驚くようなものもあるが、実は日本文学の底流に潜み、今も私たちの生活や感覚につながっているものも少なくない。『万葉集』はその貴重な資料の宝庫でもある。ナンパ、BL、人妻…『万葉集』がこんなにエロ面白かったなんて!

目次

  • はじめに 日本の国柄はエロにある
  • 第1部 異常に多いエロ歌、恋歌
  • 第2部 万葉時代にも恋の制約
  • 第3部 今と変わらぬ恋心
  • 第4部 今と昔を結ぶ糸
  • あとがき 『万葉集』のにおい

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB29263330
  • ISBN
    • 9784103350934
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    189p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ