ドイツ史学徒が歩んだ戦後と史学史的追想

書誌事項

ドイツ史学徒が歩んだ戦後と史学史的追想

望田幸男著

本の泉社, 2020.1

タイトル読み

ドイツシ ガクト ガ アユンダ センゴ ト シガクシテキ ツイソウ

大学図書館所蔵 件 / 23

内容説明・目次

内容説明

ドイツ近代史研究と社会的活動の二つながらの試行錯誤が、わたしの戦後人生にほかならなかった—

目次

  • 序章 戦後とドイツ近代史研究
  • 第1章 敗戦の余燼ただようなかで—学問へのあこがれと青春の蹉跌
  • 第2章 「特有の道」論からの脱却—「比較の視座」を求めて
  • 第3章 比較教育社会史への道
  • 第4章 忘れえぬ同志社の人びとと戦前・戦後
  • 第5章 もうひとつの「私の戦後」—ローカルに行動する
  • 第6章 日本とドイツにおける戦前・戦後
  • 終わりの言葉—そして「あとがき」

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ