自走プログラマー : Pythonの先輩が教えるプロジェクト開発のベストプラクティス120

書誌事項

自走プログラマー : Pythonの先輩が教えるプロジェクト開発のベストプラクティス120

清水川貴之, 清原弘貴, tell-k著

技術評論社, 2020.3

タイトル別名

自走プログラマー : Pythonの先輩が教えるプロジェクト開発のベストプラクティス : 120

タイトル読み

ジソウ プログラマー : Python ノ センパイ ガ オシエル プロジェクト カイハツ ノ ベスト プラクティス 120

大学図書館所蔵 件 / 45

注記

参考文献: p283

監修: ビープラウド

内容説明・目次

内容説明

開発の着実なプロセスが身につく。作りたいものを設計できる。エラーやトラブルに対応できる。プログラミング能力を活かして価値を生み出すための「ソフトウェア開発の地図」。自走できるプログラマーであれば知っているであろういろいろな手法や観点を元に、「プロジェクトの各段階でプログラマーがやること」「その選択をどう判断するのか」「どうコードを実装して実現していくのか」を紹介。一部の最新技術に注目するのではなく、実際のプロジェクトに適用して、プロジェクトを完成させるための指針をまとめた。

目次

  • 第1章 コード実装(関数設計;クラス設計 ほか)
  • 第2章 モデル設計(データ設計;テーブル定義 ほか)
  • 第3章 エラー設計(エラーハンドリング;ロギング ほか)
  • 第4章 システム設計(プロジェクト構成;サーバー構成 ほか)
  • 第5章 やることの明確化(要件定義;画面モックアップ)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ