「自分らしく生きて死ぬ」ことがなぜ、難しいのか : 行き詰まる「地域包括ケアシステム」の未来

書誌事項

「自分らしく生きて死ぬ」ことがなぜ、難しいのか : 行き詰まる「地域包括ケアシステム」の未来

野村晋著

(光文社新書, 1057)

光文社, 2020.3

タイトル別名

自分らしく生きて死ぬことがなぜ難しいのか : 行き詰まる地域包括ケアシステムの未来

タイトル読み

「ジブンラシク イキテ シヌ」コト ガ ナゼ、ムズカシイノカ : イキズマル「チイキ ホウカツ ケア システム」ノ ミライ

大学図書館所蔵 件 / 69

内容説明・目次

内容説明

実行役の市区町村と地域を守る医師会の二人三脚を阻むものとは!?現役厚労官僚が現場で見て、聞いて、考え、実践した虎の巻。

目次

  • 第1章 地域包括ケアシステムは、どこまで出来上がっているのか?(地域包括ケアシステムとは何か?;なぜ、皆が地域包括ケアシステムと言うのか? ほか)
  • 第2章 そして、地域包括ケアシステムは深化する(これからも地域包括ケアシステムは必要とされるのか?;地域包括ケアシステムの深化とその必要性 ほか)
  • 第3章 地域共生社会はこうして出来上がる(地域共生社会の作り方;こうして出来上がる地域共生社会—岡山市の総合相談編 ほか)
  • 第4章 「地域包括ケアシステム」と「地域共生社会」の、その先に—(日本が抱える最大の課題とは;社会保障費の増加への打開策 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ