古関裕而・金子 : その言葉と人生

著者

書誌事項

古関裕而・金子 : その言葉と人生

菊地秀一著 ; 古関正裕監修

宝島社, 2020.3

タイトル読み

コセキ ユウジ キンコ : ソノ コトバ ト ジンセイ

大学図書館所蔵 件 / 2

注記

古関裕而関連年表: p124-127

内容説明・目次

内容説明

NHK朝ドラ「エール」をもっと楽しむ!主人公“古山裕一”のモデル古関裕而とその妻・金子の名言と歩み。長男、正裕氏が語る父と母の面影。『紺碧の空』も『栄冠は君に輝く』も『六甲おろし』も『モスラの歌』も『君の名は』も『オリンピック・マーチ』もみんなみんな古関裕而作曲だった!

目次

  • 第1章 音楽という赤い糸が結んだ恋(父の蓄音器で音楽に目覚める;福島から世界へ、国際コンクールに入選 ほか)
  • 第2章 暗い世相を和ませた数々のメロディ(新妻 金子をともない東京へ;音楽学校へ入学し声楽家を目指した金子 ほか)
  • 第3章 日本の復興を応援歌で励ます(菊田一夫と作った即興のラジオドラマ;スポーツソングの名手を決定づけた名曲 ほか)
  • 第4章 平和の鐘よ永遠に鳴り響け(テレビ番組の審査員長でお茶の間にも;叙勲や受賞は数あれど一番うれしかったのは ほか)
  • 長男古関正裕氏が語る父と母

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ