書誌事項

はじめての刑法学

佐久間修編著

三省堂, 2020.5

タイトル読み

ハジメテ ノ ケイホウガク

大学図書館所蔵 件 / 87

注記

参考文献あり

執筆者: 小野晃正, 川崎友巳, 品田智史, 十河太朗, 豊田兼彦, 安田拓人

内容説明・目次

内容説明

刑法がわかった!刑法の基本的な26の問題の見取り図を、設問形式によってわかりやすく解説した入門書。

目次

  • 刑法という法律—罪と罰の法
  • 構成要件・違法・責任—犯罪の定義について
  • 因果関係
  • 自ら招いた侵害に対する反撃・相手方の侵害が終わった後の攻撃
  • 緊急行為としての緊急避難
  • 故意の在り処
  • 事実の錯誤と結果併発事例
  • リスク社会と過失責任
  • 責任能力制度—責任主義とはなにか
  • 未遂の処罰根拠—実行の着手
  • 境界線上の共犯—共謀共同正犯と従属的共犯
  • 共犯の連帯性と個別性
  • 生命の自己決定権
  • 暴行・障害の多様性と処罰の限界
  • 自由に対する罪
  • 個人のプライバシーと業務活動の自由
  • 窃盗罪の保護法益と不法領得の意思
  • 財物・利益を奪うふつうの強盗から強盗に準じた犯罪類型まで
  • 詐欺罪の射程
  • 会社経営と背任罪—不良貸付と刑事責任
  • 『負』動産に対する放火
  • 偽造と詐欺のあいだ
  • 風俗に対する罪—賭博・死体損壊など
  • 公務員の職務の保護
  • 汚職と背任の関係
  • 企業犯罪・企業災害と法人処罰

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB30709696
  • ISBN
    • 9784385320878
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xxiv, 291p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ