少年事件加害者家族支援の理論と実践 : 家族の回復と少年の更生に向けて

書誌事項

少年事件加害者家族支援の理論と実践 : 家族の回復と少年の更生に向けて

阿部恭子編著

現代人文社 , 大学図書 (発売), 2020.6

タイトル別名

少年事件加害者家族 : 支援の理論と実践

タイトル読み

ショウネン ジケン カガイシャ カゾク シエン ノ リロン ト ジッセン : カゾク ノ カイフク ト ショウネン ノ コウセイ ニ ムケテ

大学図書館所蔵 件 / 87

内容説明・目次

内容説明

インターネットでの誹謗中傷、個人情報の暴露による失職や転居、少年の更生に悩み被害者への対応に苦しむ。少年事件の「加害者」家族。少年事件加害者家族の実態調査と支援の実践例から効果的な支援のあり方を提案する。

目次

  • 第1部 少年法の理念と加害者家族支援(少年事件加害者家族の現状と支援に向けて;少年事件から考える加害者家族支援;少年非行に関する親の責任についての覚書—人間の弱さの観点から;非行臨床における加害者家族—非行のあった子の親にどのような支援が望まれるか;少年事件における多職種連携の意義)
  • 第2部 少年事件と加害者家族支援(捜査段階における保護者への支援;少年審判と保護者への支援;裁判員裁判と保護者への支援)
  • 第3部 少年の更生と加害者家族支援(非行少年と保護者の支援—本人の就労支援を中心に;少年院における保護者支援—東北少年院の取組みから考える;地域で保護者をどう支えていくか)
  • 第4部 少年事件加害者家族の心理的支援(保護者と少年それぞれの面接事例からみる心理的支援;未成年加害者理解と、家族への心理的支援;ピア・カウンセリングの実践—親としての罪責感に寄り添う)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB31274577
  • ISBN
    • 9784877987602
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京,[東京]
  • ページ数/冊数
    198p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ