「サッカー」とは何か : 戦術的ピリオダイゼーションvsバルセロナ構造主義、欧州最先端をリードする二大トレーニング理論

書誌事項

「サッカー」とは何か : 戦術的ピリオダイゼーションvsバルセロナ構造主義、欧州最先端をリードする二大トレーニング理論

林舞輝著

(Footballista)

ソル・メディア, 2020.5

タイトル別名

O que é o futebol

サッカーとは何か : 戦術的ピリオダイゼーションvsバルセロナ構造主義、欧州最先端をリードする二大トレーニング理論

タイトル読み

サッカー トワ ナニカ : センジュツテキ ピリオダイゼーション vs バルセロナ コウゾウ シュギ オウシュウ サイセンタン オ リード スル 2ダイ トレーニング リロン

大学図書館所蔵 件 / 27

注記

参考文献: p266-268

内容説明・目次

内容説明

本書は、欧州サッカー界を二分した大きなトレーニング理論、戦術的ピリオダイゼーションと構造化トレーニングを、なるべく読者が明日にでも使えるような形で説明するよう心がけた。ヴィトール・フラーデもパコ・セイルーロも、「サッカーとは何か」という問題へ大きく前進する一歩を踏み出し、新しい時代への扉を開き、選手、そして指導者たちに向けてサッカーの新たな考え方を提供した偉大な巨匠である。二人の大きな違いは、構造化トレーニングが「サッカー選手」の構造化と体系化を行おうとし、戦術的ピリオダイゼーションは「サッカーチーム」の構造化と体系化を行ったことにある。(「最後に」より一部抜粋)

目次

  • 第1章 戦術的ピリオダイゼーション(生みの親、ヴィトール・フラーデ教授;「Modelo de Jogo」はプレーモデルか、ゲームモデルか;ゲームモデル(試合模型)とは何か?;実践的ゲームモデルの作り方;ゲームモデルを支えるプレー原則 ほか)
  • 第2章 構造化トレーニング(パコ・セイルーロとは何者か?;要素還元主義vs構造主義;「デカルト式」への批判;トレーニングの「目的」と「相互作用」というチームスポーツの特異性;「サッカー選手」の自己構造Self‐Structured Footballer ほか)
  • 林舞輝インタビュー「旅の終わり」

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB31514987
  • ISBN
    • 9784905349501
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    268p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ